更年期障害はホルモンバランスの乱れによって起こる

女性達

女性の多くが悩む症状

woman

更年期障害は中年の女性に多い病気ですが、最近は若い人にも増えてきています。ストレスやホルモンの乱れが原因で投薬治療が必要ですが、食生活で更年期障害を改善させる栄養素を意識して摂ることで、症状を和らげる効果が期待できます。

更年期で辛いなら

カウンセリング

更年期障害が重い人は、女性ホルモンを補うホルモン補充療法を受けると症状が短期間で改善します。保険も適用されており、治療を始めてから1週間程度で効果が実感できます。更年期障害だけではなく骨粗しょう症やアルツハイマー病を防ぐ効果もあります。

男性の体調不良の原因

案内

更年期障害は女性特有の症状と思われがちですが、男性も更年期障害になります。男性の更年期障害の原因はテストステロンの減少です。治療を行えば症状を改善することも期待できるので、慢性的な体調不良に悩んでいる男性の方は医療機関で検査を受けてみるようにしましょう。

Related Links

  • JOH&PARTNERS

    大阪の健康診断では様々なオプションが付いています。通常の検査に加えて、遺伝子検査などを受けることもできますよ。

婦人科や専門外来

更年期障害の症状かもしれないと思ったらこちらのサイトで簡単にできるセルフチェックを行ってみませんか?

男性にも起こりうる

悩む女の人

更年期障害は、その名の通り、更年期に不快な症状がでることで知られています。更年期とは閉経前約5年から閉経後約5年の約10年のことをいいます。年齢でいうと45歳から55歳ぐらいです。しかし最近では、30歳前後の方でも更年期障害の症状がでる方もおられるようです。また、男性でも更年期障害の方はいらっしゃいます。更年期障害の症状は、人によって本当にさまざまです。個人差が大きいため、更年期障害とは気付かずに内科などをこれ受診する方もいらっしゃるようです。しかし、更年期障害だと気付いたら婦人科に行きましょう。男性の場合は、最近では男性の更年期専門外来なるものがあり、人気になりつつあるようです。気になる方は、受診してみてください。

生活習慣も重要

更年期障害の原因とされているのは、ホルモンバランスの乱れなどです。更年期障害の症状は、イライラしやすくなったり、急に悲しくなるなど、情緒不安定になったり、うつ病のような症状がでるなどの精神的なものが多いです。また、顔の火照りや大量に汗をかくなどの身体的なものもあります。一般的な治療の方法は、ホルモン補充療法や低用量ピル、漢方などが多いです。しかし、更年期障害には、生活習慣も大きく関わると考えられています。アルコールの摂りすぎや喫煙も、悪影響を及ぼしている場合がありますから、気をつけましょう。そして、まわりに更年期障害の方がいる場合には、理解して寄り添ってあげることで、症状が改善しやすくなるかもしれません。