更年期障害はホルモンバランスの乱れ|体調不良の呪縛から逃れる

笑顔の女性

更年期で辛いなら

ホルモン補充療法が効果的

カウンセリング

更年期障害は女性なら誰でも経験するものですが、人によっては症状が重くなる場合があります。40代後半から50代前半に起こることが多いのですが、子供の独立や親の介護などと重なってストレスが多くなるとひどくなりやすいという特徴があります。一般的に知られている症状としてはホットフラッシュがありますが、その他にも肩こりや腰痛がひどくなったり体が冷えるようになるなど、加齢によるものなのか更年期障害なのかわからない場合もあります。更年期障害は女性ホルモンの分泌が減ることによって発症するので、ホルモン補充療法を行うと劇的に症状が改善します。ホルモン補充療法は飲み薬や貼り薬などを用いて女性ホルモンを補う方法で、保険も適用されます。

1週間程度で症状が改善

ホルモン補充療法は血液検査や超音波検査を受け、更年期障害なのかそれとも他の病気の可能性があるかどうかを調べ、更年期障害とわかれば治療を受けられます。ホルモン補充療法の最も大きいメリットは短期間で更年期障害の症状が改善することです。治療開始から1週間程度で効果が実感できるようになります。特に更年期障害が重い人は日常生活を送ることが困難になる事もあるので、治療を受けた方が良いでしょう。また女性ホルモンは女性に多い骨粗しょう症やアルツハイマー型認知症を防ぐ働きもあります。そればかりではなく女性ホルモンが肌をきれいにしたり、髪の毛の寿命を伸ばす働きをするため、ホルモン補充療法を受けることで髪の毛が増えたり若返ったりする効果もあります。