更年期障害はホルモンバランスの乱れ|体調不良の呪縛から逃れる

笑顔の女性

女性の多くが悩む症状

投薬と食事

woman

女性の多くが40代を過ぎてくると、体の不調が起きやすくなります。その背景には、更年期障害という病気を発症する人が増加する年代であることが挙げられます。更年期障害は、体や心の両面で不快な症状が表れてきます。これは、年齢を重ねるうちに女性ホルモンのバランスが次第に崩れていくことが原因とされています。またその他にも、ストレスなどでも発症する場合があります。治療は基本的に、婦人科などで薬をもらっで、ホルモンバランスを安定させることが主です。これに合わせて、食生活の見直しをすることで、症状が改善される場合もあります。例えば、亜鉛を含んだものや、大豆類を多く摂り入れることは、症状を軽減させる効果があります。

症状

更年期障害の症状は様々にあります。例えば、汗が止まらなくなったり、食欲不振、疲れが取れない、精神的に不安定になる、生理に異常が見られるなど、心身ともに色々な症状が見られるのが特徴です。これらの症状について、単に加齢によるものだと自己判断して長期に放置しておくと、逆に悪化する場合があります。そのため、いくつかの症状が当てはまるようであれば、早めに病院で検査を受けることが大事です。また最近では、このような症状を20代などの若い世代の女性が経験することが増えてきています。若年性更年期障害と呼ばれるものであり、主にストレスや無理なダイエットなどで、ホルモンバランスが崩れたことによるのが大きな要因です。